Xymonの設定ファイル(hosts.cfg)に監視対象ホストを追加していきます。

監視対象ホストの登録

それでは、Xymon(シモン or サイモン)に監視対象ホストの情報を登録していきます。

 

監視対象ホストを登録する設定ファイルは「hosts.cfg」になります。

 

 

設定ファイル:hosts.cfg

 

hosts.cfgの初期状態

「hosts.cfg」の初期状態は以下のようになっています。
最下行に、Xymonをインストールしたサーバの情報が登録されています。

 

#
# Master configuration file for Xymon
#
# This file defines several things:
#
# 1) By adding hosts to this file, you define hosts that are monitored by Xymon
# 2) By adding "page", "subpage", "group" definitions, you define the layout
# of the Xymon webpages, and how hosts are divided among the various webpages
# that Xymon generates.
# 3) Several other definitions can be done for each host, see the hosts.cfg(5)
# man-page.
#
# You need to define at least the Xymon server itself here.

 

123.123.123.123  xymon-server  # bbd http://xymon-server/
↑ Xymonを導入したサーバ

監視対象ホストの登録

設定ファイル「hosts.cfg」に
IPアドレス▲ホスト名(名前は何でもOK)の順で記述します。(▲はスペース)

 

監視対象ホストを追加

まずは、最下行に以下のように追加してみてください。

123.123.123.123  test01-server  #

 

監視対象ホストを追加するだけでホスト名が表示され、おおよそ5分ぐらい経過すると監視されるべき項目(conn)の "-" が緑の丸(にっこり顔のマーク)のアイコンに変わります。
Xymonホスト追加初期画面

 

修正した設定ファイルの即時反映

設定ファイルを変更したら、即時で反映(再読み込み)を行いたいと思われる方はコンフィグのリロードを行ってください。(癖なのか、毎回私も何となくやっています)

# service xymon reload
Reloading Xymon configuration files.
xymon.

 

実在する(ちゃんと応答を返す)サーバのIPアドレス・ホストを設定した場合は、以下のようにオールグリーン(正常監視状態)の状態になります。
Xymon監視正常状態画面

デフォルトで監視されるサービス

IPアドレスとホスト名を「hosts.cfg」に登録すると、デフォルトではPing死活監視(conn)が登録されます。「info」「trend」は監視項目ではなく、名前の通り監視設定の情報、及び監視対象機器のトータル的な情報が表示されます。
conn項目が追加

 

「conn」配下のアイコンをクリックすると、監視を行なった結果が表示されます。
connテスト結果

 

 

とりあえず、監視対象機器を登録する基本的な設定は以上となります。

 

次回は、ちょっと監視画面を見やすくするような設定をご紹介します。

監視対象ホストの登録関連ページ

監視対象機器の表示設定
Xymon(シモン or サイモン)に監視対象ホストを登録しただけでは、監視サーバの監視項目(多数)と被ってしまい何となく見にくい感じです。そこで監視対象ホストをグルーピングし、パッと見た目でどこに異常が発生しているかわかるように監視画面の表示設定変更を行ないます。
標準で監視できるサービス
Xymon(シモン or サイモン)の標準機能で監視できる項目(死活監視・HTTP応答監視・FTP応答監視・SSH応答・TELNET応答などなど)のご紹介、及びOpenSSLライブラリの追加・コマンドの追加等で監視できる項目についてご紹介しています。
サービス監視設定追加
Xymon(シモン or サイモン)の標準機能で監視出来るサービス(ssh telnet ftp smtp pop3 http)等の監視設定追加方法について解説しています。設定ファイルに監視したいサービス名を追加するだけと、結構簡単な設定でサービス監視の追加が可能です。
ホスト・サービス監視の削除
Xymon(シモン or サイモン)の監視対象ホスト管理おいて、監視対象外になったホストや間違って(スペルミス)設定したホストの削除方法について解説しています。設定ファイル(hosts.cfg)から除外するだけで見かけ上は消えますが結構ゴミが残ってるんです。監視対象ホストの削除、また一部のサービスのみの監視除外方法について解説します。
監視項目静観設定追加
Xymon(シモン or サイモン)で、サービス停止時間(夜間バックアップのサービス停止・定期再起動でのサービス監視)の監視静観設定の追加方法について解説しています。不要なアラートを上げないためにもしっかりとした静観設定を追加しておきましょう。

 
TOPページ サイトマップ リンク集 お問い合わせ