Xymonの監視静観・除外設定について解説しています。

サービス停止時間の監視静観設定について

ここでは、夜間のバックアップ等で一部のサービスを停止する場合や、定期再起動でシステム全体のサービスを停止する場合に備え、そのサービス停止時間帯を静観(対象監視項目だけ監視を止める等)する設定について解説していきます。

 

静観設定は、設定ファイル「hosts.cfg」に追記する事で可能となっています。

 

定期再起動(全ての監視対象サービス停止)に対する静観設定

ここでは、定期再起動のいろんなパターンに対応できるよう実践に沿った形での監視静観方法を解説します。

 

静観設定の記述は、以下のフォーマットを監視対象ホストの最後尾に追記します。

 

DOWNTIME=サービス:曜日:静観監視時間:静観終了時間:

 

 

実際の設定例

123.123.123.123 test01 # ssh DOWNTIME=*:*:0100:0115:

 

再起動する際は、全てのサービスが停止するのでワイルドカードの「*」を使用して全ての監視サービスを対象とします。また曜日設定も同じく毎日であればワイルドカードの「*」を使用します。

 

 

監視対象ホストが、毎日1:00に再起動する場合の設定

DOWNTIME=*:*:0100:0115:

 

1:00に定期再起動が開始され、15分で全てのサービスが起動する前提で設定しています。

 

 

また曜日単位で設定する場合は、
第2オクテットにワイルドカードではなく特定の曜日に対応する数値を記述します。

 

曜日単位(0:日曜 1:月曜 2:火曜 3:水曜 4:木曜 5:金曜 6:土曜)

 

 

監視対象ホストが、毎週月曜日1:00に再起動する場合の設定

DOWNTIME=*:1:0100:0115:

 

 

監視対象ホストが、毎週月・水・金の1:00に再起動する場合の設定

DOWNTIME=*:135:0100:0115:

 

複数数値を設定することで、月・水・金等の隔日での設定も可能です。

一部のサービス停止に対する静観設定

一部のサービスのみ監視静観する場合は、第1オクテット部分にサービス名を記述します。

 

httpサービスを毎日1:00にリスタートする場合の設定(以後5分でサービス起動を想定)

DOWNTIME=http:*:0100:0105:

 

 

httpサービスを毎週火曜日の1:00にリスタートする場合の設定

DOWNTIME=http:2:0100:0105:

 

 

httpサービスを毎週火・木・土の1:00にリスタートする場合の設定

DOWNTIME=http:246:0100:0105:

 

 

複数サービスの静観設定を追加する場合

DOWNTIME=http,smtp,pop3s:246:0100:0105:

 

サービスを複数設定する場合は「,」で区切って記述してください。

おわりに

運用を行なっていく上で、バックアップ・サービスの定期再起動・サーバの再起動は確実に行なわれます。不要なアラートを上げないためにもしっかりとした監視静観設定を設定しておきましょう。

監視項目静観設定追加関連ページ

監視対象ホストの登録
Xymon(シモン or サイモン)へ監視対象ホストの追加設定を行なっていきます。インストール直後はXymonを導入したホストのみ登録されていますが、設定ファイル(hosts.cfg)へIPアドレス・ホスト名を追加する事で監視対象ホストの追加が可能となっています。
監視対象機器の表示設定
Xymon(シモン or サイモン)に監視対象ホストを登録しただけでは、監視サーバの監視項目(多数)と被ってしまい何となく見にくい感じです。そこで監視対象ホストをグルーピングし、パッと見た目でどこに異常が発生しているかわかるように監視画面の表示設定変更を行ないます。
標準で監視できるサービス
Xymon(シモン or サイモン)の標準機能で監視できる項目(死活監視・HTTP応答監視・FTP応答監視・SSH応答・TELNET応答などなど)のご紹介、及びOpenSSLライブラリの追加・コマンドの追加等で監視できる項目についてご紹介しています。
サービス監視設定追加
Xymon(シモン or サイモン)の標準機能で監視出来るサービス(ssh telnet ftp smtp pop3 http)等の監視設定追加方法について解説しています。設定ファイルに監視したいサービス名を追加するだけと、結構簡単な設定でサービス監視の追加が可能です。
ホスト・サービス監視の削除
Xymon(シモン or サイモン)の監視対象ホスト管理おいて、監視対象外になったホストや間違って(スペルミス)設定したホストの削除方法について解説しています。設定ファイル(hosts.cfg)から除外するだけで見かけ上は消えますが結構ゴミが残ってるんです。監視対象ホストの削除、また一部のサービスのみの監視除外方法について解説します。

 
TOPページ サイトマップ リンク集 お問い合わせ