Xymonのインストールに必要なパッケージの導入について解説しています!

Xymonをインストールするのに必要なパッケージの導入

ここでは、Xymon(シモン or サイモン)を導入するに当たって、必要となるパッケージの導入を行なっていきます。

 

最近ではRPMパッケージ版も提供されており、RPMパッケージからインストールする事で依存関係を自動で判別し必要なパッケージを勝手にインストールしてくれます。

 

しかしここでは基本に忠実にソースファイルからインストールする手順を説明しています。その作業に必要なパッケージのインストールだと思ってください。既に導入されている物に関しては無視して、次へとお進みください。

 

 

Xymonインストール(ソースファイルから)に必要なパッケージは大きく以下の4点です。

 

  1. WEBサーバ(apache等)
  2. Cコンパイラ・GNU make
  3. Xymonをビルドするのに必要なライブラリ
  4. fpingユーティリティ(無くても動きますが・・・)

WEBサービスの導入

Xymonの監視画面を表示させるために必要なWEBサービスの導入を行ないます。

 

当サイト『Xymonでお手軽サーバ監視』を動かしているサーバでも使用、また世間一般でも多く利用されている「apache(httpd)」の導入手順のご紹介になります。

 

httpdが導入されているかの確認

rpmコマンドでパッケージがインストールされているか確認します。
インストールされていない場合何も表示されません。

# rpm -qa httpd
#

 

もしインストールされている場合はバージョン等が表示されます。

# rpm -qa httpd
httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64

 

httpdパッケージの導入

yumコマンドでインストールします。
途中本当にインストールするかの確認が表示されますので「y」を応答してください。

# yum install httpd
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
(***途中省略***)
Dependencies Resolved

 

===========================================
Package Arch Version Repository Size
===========================================
Installing:
httpd x86_64 2.2.15-26.el6.centos base 821 k
Installing for dependencies:
apr x86_64 1.3.9-5.el6_2 base 123 k
apr-util x86_64 1.3.9-3.el6_0.1 base 87 k
apr-util-ldap x86_64 1.3.9-3.el6_0.1 base 15 k
httpd-tools x86_64 2.2.15-26.el6.centos base 72 k
mailcap noarch 2.1.31-2.el6 base 27 k

 

Transaction Summary
===========================================
Install 6 Package(s)

 

Total download size: 1.1 M
Installed size: 3.6 M
Is this ok [y/N]: y[enter]
↑本当にインストールするかの確認が表示されるので「y」を応答。
Downloading Packages:
(1/6): apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64.rpm | 123 kB 00:00
(2/6): apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64.rpm | 87 kB 00:00
(3/6): apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64.rpm | 15 kB 00:00
(4/6): httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64.rpm | 821 kB 00:00
(5/6): httpd-tools-2.2.15-26.el6.centos.x86_64.rpm | 72 kB 00:00
(6/6): mailcap-2.1.31-2.el6.noarch.rpm | 27 kB 00:00
-----------------------------------------------------------------------------
Total 4.6 MB/s | 1.1 MB 00:00

 

(***途中省略***)

 

Installed:
httpd.x86_64 0:2.2.15-26.el6.centos

 

Dependency Installed:
apr.x86_64 0:1.3.9-5.el6_2 apr-util.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1
apr-util-ldap.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1 httpd-tools.x86_64 0:2.2.15-26.el6.centos
mailcap.noarch 0:2.1.31-2.el6

 

Complete!

 

「Complete!」が表示されたら完了です!

Cコンパイラ、及びGNU makeの導入

ソースファイルのコンパイルに必要な「gcc」及び「make」の導入を行ないます。

 

gccが導入されているかの確認

既にインストールされていないか確認してください。
インストールされていない場合、何も表示されません。

# rpm -qa gcc
#

 

gccのインストール

インストールされて以内場合、「yum」コマンドでインストールしましょう。
「-y」オプションを付けるとインストールするかの確認無しでインストールが可能となります。

# yum -y install gcc
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
(***途中省略***)

 

Dependencies Resolved

 

===========================================
Package Arch Version Repository Size
===========================================
Installing:
gcc x86_64 4.4.7-3.el6 base 10 M
Installing for dependencies:
cloog-ppl x86_64 0.15.7-1.2.el6 base 93 k
cpp x86_64 4.4.7-3.el6 base 3.7 M
glibc-devel x86_64 2.12-1.107.el6 base 974 k
glibc-headers x86_64 2.12-1.107.el6 base 604 k
kernel-headers x86_64 2.6.32-358.6.1.el6 updates 2.3 M
libgomp x86_64 4.4.7-3.el6 base 118 k
mpfr x86_64 2.4.1-6.el6 base 157 k
ppl x86_64 0.10.2-11.el6 base 1.3 M

 

Transaction Summary
===========================================
Install 9 Package(s)

 

Total download size: 19 M
Installed size: 39 M
Downloading Packages:
(1/9): cloog-ppl-0.15.7-1.2.el6.x86_64.rpm | 93 kB 00:00
(2/9): cpp-4.4.7-3.el6.x86_64.rpm | 3.7 MB 00:00
(3/9): gcc-4.4.7-3.el6.x86_64.rpm | 10 MB 00:00
(4/9): glibc-devel-2.12-1.107.el6.x86_64.rpm | 974 kB 00:00
(5/9): glibc-headers-2.12-1.107.el6.x86_64.rpm | 604 kB 00:00
(6/9): kernel-headers-2.6.32-358.6.1.el6.x86_64.rpm | 2.3 MB 00:00
(7/9): libgomp-4.4.7-3.el6.x86_64.rpm | 118 kB 00:00
(8/9): mpfr-2.4.1-6.el6.x86_64.rpm | 157 kB 00:00
(9/9): ppl-0.10.2-11.el6.x86_64.rpm | 1.3 MB 00:00
-----------------------------------------------------------------------------
Total 11 MB/s | 19 MB 00:01

 

(***途中省略***)

 

Installed:
gcc.x86_64 0:4.4.7-3.el6

 

Dependency Installed:
cloog-ppl.x86_64 0:0.15.7-1.2.el6 cpp.x86_64 0:4.4.7-3.el6
glibc-devel.x86_64 0:2.12-1.107.el6 glibc-headers.x86_64 0:2.12-1.107.el6
kernel-headers.x86_64 0:2.6.32-358.6.1.el6 libgomp.x86_64 0:4.4.7-3.el6
mpfr.x86_64 0:2.4.1-6.el6 ppl.x86_64 0:0.10.2-11.el6

 

Complete!

 

makeのインストール

「make」も合わせてインストールします。

# rpm -qa make
#

 

# yum -y install make
(***途中省略***)

 

# rpm -qa make
make-3.81-20.el6.x86_64

Xymon本体をビルドする際に必要なライブラリ

Xymon本体をビルドする際に必要なパッケージは以下の5種類になります。
コンパイルに必要なライブラリオブジェクトやヘッダファイルを含んだdevelopment(開発)バージョンをインストールします。

 

  1. PCRE
  2. RRDtool
  3. libpng
  4. OpenSSL
  5. OpenLDAP

 

パッケージがインストールされているかの確認

パッケージが導入されていないか確認します。

# rpm -qa pcre-devel
#
# rpm -qa rrdtool-devel
#
# rpm -qa libpng-devel
#
# rpm -qa openssl-devel
#
# rpm -qa openldap-devel
#

 

パッケージのインストール

ここでは5つのパッケージを一気にインストールします。
「yum」コマンドでスペース区切りで各パッケージ名を入力します。

# yum -y install pcre-devel rrdtool-devel libpng-devel openssl-devel openldap-devel
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
rpmforge | 1.9 kB 00:00
rpmforge/primary_db | 2.6 MB 00:00
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
(***途中省略***)
Verifying : fontconfig-2.8.0-3.el6.x86_64 31/31

 

Installed:
libpng-devel.x86_64 2:1.2.49-1.el6_2 openldap-devel.x86_64 0:2.4.23-32.el6_4.1
openssl-devel.x86_64 0:1.0.0-27.el6_4.2 pcre-devel.x86_64 0:7.8-6.el6
rrdtool-devel.x86_64 0:1.3.8-6.el6

 

Dependency Installed:
cairo.x86_64 0:1.8.8-3.1.el6
cyrus-sasl-devel.x86_64 0:2.1.23-13.el6_3.1
dejavu-fonts-common.noarch 0:2.30-2.el6
dejavu-lgc-sans-mono-fonts.noarch 0:2.30-2.el6
dejavu-sans-mono-fonts.noarch 0:2.30-2.el6
fontconfig.x86_64 0:2.8.0-3.el6
fontpackages-filesystem.noarch 0:1.41-1.1.el6
freetype.x86_64 0:2.3.11-14.el6_3.1
keyutils-libs-devel.x86_64 0:1.4-4.el6
krb5-devel.x86_64 0:1.10.3-10.el6_4.2
libX11.x86_64 0:1.5.0-4.el6
libX11-common.noarch 0:1.5.0-4.el6
libXau.x86_64 0:1.0.6-4.el6
libXft.x86_64 0:2.3.1-2.el6
libXrender.x86_64 0:0.9.7-2.el6

libcom_err-devel.x86_64 0:1.41.12-14.el6
libpng.x86_64 2:1.2.49-1.el6_2
libselinux-devel.x86_64 0:2.0.94-5.3.el6
libsepol-devel.x86_64 0:2.0.41-4.el6
libthai.x86_64 0:0.1.12-3.el6
libxcb.x86_64 0:1.8.1-1.el6
pango.x86_64 0:1.28.1-7.el6_3
pixman.x86_64 0:0.26.2-5.el6_4
pkgconfig.x86_64 1:0.23-9.1.el6
rrdtool.x86_64 0:1.3.8-6.el6
zlib-devel.x86_64 0:1.2.3-29.el6

 

Complete!

 

「Complete!」が表示されたらインストール完了です。

 

依存関係のあるパッケージも一緒にインストールされ、私の環境では、合計41パッケージがインストールされました。

fpingユーティリティ(無くても動きますが・・・)

fpingユーティリティをインストールします。

 

Xymonにはpingユーティリティ(xymonping)が組み込まれていますが、安定版ではないので「fping」を使う方が良いかもしれませんとなっています。

 

fpingユーティリティをyumでインストールするには、事前にリポジトリの追加が必要です。「RPMforge」のリポジトリを追加しておいてください。

 

wgetのインストール

まず「wget」が入っていなければ

# yum -y install wget

 

リポジトリの追加

そして「RPMforge」リポジトリの追加
RPMファイルを「/tmp」ディレクトリにダウンロードしインストールを実行します。

# cd /tmp
# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

 

インストールするRPMファイルは、ご自身のOS・バージョン等にあわせて最新のファイルを以下URLから取得しインストールしてください。

今回は、CentOS6.4 x86 64bit版を選択しています。
http://dag.wieers.com/packages/rpmforge-release/

 

fpingのインストール

fpingユーティリティのインストールを行います。

# yum -y install fping
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package fping.x86_64 0:3.4-1.el6.rf will be installed
(***途中省略***)
Running Transaction
Installing : fping-3.4-1.el6.rf.x86_64 1/1
Verifying : fping-3.4-1.el6.rf.x86_64 1/1

 

Installed:
fping.x86_64 0:3.4-1.el6.rf

 

Complete!

 

「/usr/sbin/fping」にインストールされますので、一般ユーザ(xymon)でも使えるようにリンクを張ります。

# ln -s /usr/sbin/fping /usr/bin/fping

 

以上で、Xymonをインストールする事前準備は完了です。

必要なパッケージの導入関連ページ

Xymon本体のインストール
Xymon(シモン or サイモン)のプログラムファイルのダウンロードサイトの紹介や、「wget」コマンドを使ってのファイルダウンロード・展開、及びインストール「./configure」「make」「make install」について実行ログサンプルを用いながら設定箇所を詳しく解説しています。
サービス起動前の下準備
Xymon(シモン or サイモン)のインストールも完了し、残すはサービスの起動となりました。しかしサービス起動する前にもうひと手間。運用を行なっていく上で必要となってくる、サービスの自動起動設定やログローテーションなどの設定を追加しておきましょう。
コンフィグファイルについて
Xymon(シモン or サイモン)をソースファイルからインストールした場合の設定ファイル(コンフィグファイル)の配置ディレクトリや設定ファイル一覧の紹介、及び運用を行なっていく上でよく使用するであろう設定ファイルをピックアップし紹介しています。

 
TOPページ サイトマップ リンク集 お問い合わせ