Xymonソースファイルのダウンロードからコンパイル・インストールを実行中!

Xymon本体のインストール

前回までで、Xymon(シモン or サイモン)のインストールに必要なパッケージの導入が完了しました。ここでは、Xymon本体のインストール作業を実施していきます。

 

インストールの工程としては以下の4項目になります。

  1. Xymon実行ユーザの追加
  2. ソースファイルダウンロード
  3. ファイルの展開、及びMakefile作成
  4. コンパイル、及びインストール

Xymon実行ユーザの追加

「useradd」コマンドで、Xymonを実行するユーザ「xymon」を追加します。

 

# useradd xymon

Xymonソースファイルのダウンロード

Xymonのソースファイルを「Sourceforge Project Page」 から取得します。
http://sourceforge.net/projects/xymon/

 

今回は「wget」コマンドでプログラムファイルをダウンロード、及び「/tmp」ディレクトリで作業を行っています。

 

# cd /tmp
#
# wget http://sourceforge.net/projects/xymon/files/Xymon/4.3.11/xymon-4.3.11.tar.gz
--2013-04-21 22:32:30-- http://sourceforge.net/projects/xymon/files/Xymon/4.3.11/xymon-4.3.11.tar.gz
sourceforge.net をDNSに問いあわせています... 216.34.181.60
sourceforge.net|216.34.181.60|:80 に接続しています... 接続しました。
(***途中省略***)
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 2760418 (2.6M) [application/x-gzip]
`xymon-4.3.11.tar.gz' に保存中

 

100%[==========================================>] 2,760,418 14.3M/s 時間 0.2s

 

2013-04-21 22:32:35 (14.3 MB/s) - `xymon-4.3.11.tar.gz' へ保存完了 [2760418/2760418]

 

 

# ls -l xymon-4.3.11.tar.gz
-rw-r--r-- 1 root root 2760418 4月 21 22:33 2013 xymon-4.3.11.tar.gz

ファイルの展開、及びMakefileの作成

ダウンロードしたフィルの展開、Makefileの作成作業を行います。

 

「configure」というシェルスクリプトを実行することで、ソースファイルをコンパイルする前にインストール対象となるシステムの情報をチェックし、チェック状況を反映したMakefileを作成します。

 

# pwd
/tmp
#
# tar zxvf xymon-4.3.11.tar.gz ←ファイルの展開
(***中略***)

 

# cd xymon-4.3.11 ←展開したディレクトリに移動
#
# ./configure ←「configure」コマンド実行。頭に./(ドットスラッシュ)が必要

 

Configuration script for Xymon

 

This script asks a few questions and builds a Makefile to compile Xymon

 

Checking your make-utility
Checking pre-requisites for building Xymon

 

Checking for fping ...
Xymon has a built-in ping utility (xymonping)
However, it is not yet fully stable and therefore it
may be best to use the external fping utility instead.
I found fping in /usr/sbin/fping
Do you want to use it [Y/n] ?
y[Enter] ←fpingユーティリティをしようするか? 「y」を応答
Checking to see if '/usr/sbin/fping 127.0.0.1' works ...
127.0.0.1 is alive
OK, will use '/usr/sbin/fping' for ping tests
NOTE: If you are using an suid-root wrapper, make sure the 'xymond'
user is also allowed to run fping without having to Enter passwords.
For 'sudo', add something like this to your 'sudoers' file:
xymon ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/sbin/fping

 

 

Checking for PCRE ...
Compiling with PCRE library works OK
Linking with PCRE library works OK

 

 

Checking for RRDtool ...
Not RRDtool 1.0.x, checking for 1.2.x
Compiling with RRDtool works OK
Linking with RRDtool works OK

 

 

Checking for OpenSSL ...
Compiling with SSL library works OK
Linking with SSL library works OK
Checking if your SSL library has SSLv2 enabled
Will support SSLv2 when testing SSL-enabled network services

 

Xymon can use the OpenSSL library to test SSL-enabled services
like https-encrypted websites, POP3S, IMAPS, NNTPS and TELNETS.
If you have the OpenSSL library installed, I recommend that you enable this.

 

Do you want to be able to test SSL-enabled services (y) ?
y[Enter] ←SSLのテストを有効にするか? 「y」を応答

 

 

Checking for LDAP ...
Compiling with LDAP works OK
LBER library not needed
Linking with LDAP works OK

 

Xymon can use your OpenLDAP LDAP client library to test LDAP servers.

 

Do you want to be able to test LDAP servers (y) ?
y[Enter] ←LDAPのテストを有効にするか? 「y」を応答

 

 

Checking for clock_gettime() requiring librt ...
clock_gettime() requires librt

 

 

Checking for Large File Support ...
Large File Support OK

 

 

Setting up for a Xymon server

 

 

What userid will be running Xymon [xymon] ?[Enter]
↑先ほど登録したXymonの実行ユーザ そのまま[Enrter]

 

Found passwd entry for user xymon:x:502:502::/home/xymon:/bin/bash

 

 

Where do you want the Xymon installation [/home/xymon] ?[Enter]
↑インストールディレクトリ指定 そのまま[Enter]

 

 

OK, will configure to use /home/xymon as the Xymon toplevel directory

 

 

What URL will you use for the Xymon webpages [/xymon] ?[Enter]
↑WEB表示する際のURL指定 そのまま[Enter]

 

 

Where to put the Xymon CGI scripts [/home/xymon/cgi-bin] ?[Enter]
(Note: This is the filesystem directory - we will get to the URL shortly)
↑CGI scriptsのディレクトリ指定 そのまま[Enter]

 

 

What is the URL for the Xymon CGI directory [/xymon-cgi] ?[Enter]
(Note: This is the URL - NOT the filesystem directory)
↑CGI scriptsのURL指定 そのまま[Enter]

 

 

********************** SECURITY NOTICE ****************************
If your Xymon server is accessible by outsiders, then you should
restrict access to the CGI scripts that handle enable/disable of
hosts, and acknowledging of alerts. The easiest way to do this is
to put these in a separate CGI directory and require a password to
access them.
Even if your Xymon server is on a secured, internal network, you
may want to have some operations (like disabling a host) be password-
protected - that lets you see who disabled or acknowledged an alert.

 

Where to put the Xymon Administration CGI scripts [/home/xymon/cgi-secure] ?[Enter]
(Note: This is the filesystem directory - we will get to the URL shortly)
↑Xymon管理者用CGI scriptsのディレクトリ指定 そのまま[Enter]

 

What is the URL for the Xymon Administration CGI directory [/xymon-seccgi] ?[Enter]
(Note: This is the URL - NOT the filesystem directory)
↑Xymon管理者用CGI scriptsのURL指定 そのまま[Enter]

 

** Note that you may need to modify your webserver configuration.
** After installing, see /home/xymon/server/etc/xymon-apache.conf for an example configuration.

 

 

To generate Xymon availability reports, your webserver
must have write-access to a directory below the Xymon
top-level directory. I can set this up if you tell me
what group-ID your webserver runs with. This is typically
'nobody' or 'apache' or 'www-data'

 

What group-ID does your webserver use [nobody] ?
apache[Enter] ←WEBサーバ実行ユーザの指定 「apache」を応答

 

Where to put the Xymon logfiles [/var/log/xymon] ?[Enter]
↑ログディレクトリを指定 そのまま[Enter]

 

 

What is the name of this host [test.server-kansshi.net.com] ?
xymon-server[Enter] ←Xymon監視サーバのホスト名指定を応答

 

 

What is the IP-address of this host [127.0.0.1] ?
123.123.123.123[Enter] ←Xymon監視サーバのIPアドレス指定

 

Where should I install the Xymon man-pages (/usr/local/man) ?[Enter]

 

 

Using Linux Makefile settings

 

 

Created Makefile with the necessary information to build Xymon
Some defaults are used, so do look at the Makefile before continuing.

 

Configuration complete - now run make (GNU make) to build the tools

ソースファイルのコンパイル、及びインストール作業

ソースファイルのコンパイル、及びインストール作業作業を行なっていきます。

 

「configure」の実行で作成された「Makefile」を元に、「make」コマンドを実行することでソースファイルのコンパイルを行います。コンパイル後「make install」コマンドでインストール作業を実行します。

 

# make ←「make」コマンド実行
(***中略***)

 

 

Build complete.

 

##########################################
IMPORTANT: If upgrading from 4.2.x, see the docs/upgrade-to-430.txt
file for instructions. You must run build/upgrade430.sh
before installing the new version.
##########################################

 

Now run 'make install' as root

 

 

 

 

# make install ←「make install」コマンド実行
(***中略***)

 

 

Installation complete. ←インストール完了!

 

You must configure your webserver for the Xymon webpages and CGI-scripts.
A sample Apache configuration is in /home/xymon/server/etc/xymon-apache.conf
If you have your Administration CGI scripts in a separate directory,
then you must also setup the password-file with the htpasswd command.

 

To start Xymon, as the xymon user run '/home/xymon/server/bin/xymon.sh start'
To view the Xymon webpages, go to http://xymon-server/xymon

 

以上でXymon本体のインストール作業は完了です。

 

次回は、Xymonのサービスを起動するためのちょっとした準備を行っていきます。

Xymon本体のインストール関連ページ

必要なパッケージの導入
Xymon(シモン or サイモン)のソースファイルからのインストールに必要なパッケージ郡(WEBサーバ・Cコンパイラ・GNU make・Xymonをビルドするのに必要なライブラリ・fpingユーティリティ)等々の導入について、「yum」を用いてのインストール方法を解説しています。
サービス起動前の下準備
Xymon(シモン or サイモン)のインストールも完了し、残すはサービスの起動となりました。しかしサービス起動する前にもうひと手間。運用を行なっていく上で必要となってくる、サービスの自動起動設定やログローテーションなどの設定を追加しておきましょう。
コンフィグファイルについて
Xymon(シモン or サイモン)をソースファイルからインストールした場合の設定ファイル(コンフィグファイル)の配置ディレクトリや設定ファイル一覧の紹介、及び運用を行なっていく上でよく使用するであろう設定ファイルをピックアップし紹介しています。

 
TOPページ サイトマップ リンク集 お問い合わせ