Xymon監視画面で表示されるアイコンの色の意味について解説しています。

表示されるアイコンの色の意味(監視状態)について

Xymon(シモン or サイモン』では、監視状態(正常警告異常)をアイコンの色によって簡単に把握する事ができます。

 

監視状態の変移によって、緑・黄・赤とアイコンの色が変化していくので、経験が浅い監視オペレータ等でも視覚的に現状の状態把握が容易に出来る画面表示となっています。

 

 

各アイコンの色の意味は?

緑=正常(緑) ・・・ 正常(問題なく正常稼動中)

 

黄=警告(黄) ・・・ 軽微な障害(警告)

 

赤=異常(赤) ・・・ 障害(何なりの異常を検知)

 

 

また場合によっては、以下の色のアイコンが表示されます。

 

白=監視してない(白) ・・・ 監視項目が設定されていない場合に表示。エージェントを導入したが何も設定を追加していないports・procsなんかで多く見られます。

 

紫=データ未受信(紫) ・・・ 一定期間(デフォルト:30分)監視出来ない場合に紫アラートとなります。エージェント側が高負荷等でサーバに対し(cpu・disk・memory)のデータを30分送れないと監視サーバ側で監視不可と認識され紫アラートになる事が多々あります。

 

青=監視静観中(青) ・・・ 監視静観中。静観設定をしている時間帯に異常を検知した場合、青アラート表示となります。

 

 

状態が24時間変化しない場合

また状態が24時間変化しない場合、同じ色でもアイコン表示が微妙に変化します。

 

緑=24時間以上正常状態 ・・・ 正常(24時間以上状態の変化がない場合)

 

黄=24時間以上警告状態 ・・・ 警告(24時間以上状態の変化がない場合)

 

赤=24時間以上異常状態 ・・・ 異常(24時間以上状態の変化がない場合)

 

白=24時間以上監視していない ・・・ 監視設定なし(24時間以上状態の変化がない場合)

 

紫=24時間以上データ未受信 ・・・ データ未受信(24時間以上状態の変化がない場合)

 

青=24時間以上静観状態 ・・・ 監視静観中(24時間以上状態の変化がない場合)

アイコンの色の意味は?関連ページ

監視画面の基本操作
Xymon(シモン or サイモン)監視画面の基本的な操作方法について解説しています。基本的に使用する画面は大別すると「Main View」「All non-green view」の2種類になると思われます。各画面の表示する内容についてここでは詳しく説明していきます。
過去の稼動状態の把握
Xymon(シモン or サイモン)の便利な機能のひとつとして、過去に起こった状態、及びディスク使用率等の変動び状態変化をイベント一覧やグラフ(RRD)を使用して簡単に確認する事が挙げられます。ここでは、代表的に使用するな2種類の確認方法を解説しています。

 
TOPページ サイトマップ リンク集 お問い合わせ